看護師が転職で失敗しないために

看護師の多くがやめたいと考えている現実があり、その割合は看護師の7~8割にもなるといわれている。
看護師の仕事はまだまだ女性が主役であり、仕事と家事の両立が大変という声が少なくない。
ほかにも給与や勤務形態への不満、人間関係の悩み、将来性に対する不安などが見受けられる。
転職事由の建前では、スキルアップや健康上の問題、引越し・転勤などの理由が見られるが、本音はまったく別のところにあるケースが多いかもしれない。
看護師が転職で失敗しないためには、何より自分に正直になる必要があるだろう。
履歴書や面接の場では本音をそのまま伝えないほうがよいことが多々あるが、自分の中では本音を明確にしておこう。
例えば、給与や人間関係に不満があるのに、キャリアアップのために転職をしたいと自分をごまかしても意味がない。
転職をしても肝心の不満が解消しなければ、すぐにまた転職を繰り返すことになるはずだ。
看護師の仕事は転職に有利といわれているが、3~4回を超えるとやはり影響してくる。
転職事由の中でも給与の不満は特に多く、給与に対して勤務時間が長いという声がよく聞かれる。
給料以上に仕事をしていると感じたとき、人は割に合わないと感じてしまうのだ。
求人票で給料をチェックするときは、勤務時間や夜勤の頻度、休日日数などもしっかりとチェックしておこう。
あとは人間関係が良好な職場を探すことが重要で、一つの職場でずっと働きたい方には欠かせないポイントの一つだ。
結果的に、長期勤続をすることが給与・賞与・退職金のアップにつながるといえるだろう。