育児と仕事の両立を支援する院内託児所のすすめ

看護師の子育てといえば、その大変さで知られている。
ただでさえ、看護師というハードな仕事で疲れているにもかかわらず、子供の面倒をみなければならないのは大変な苦労といえるのではないだろうか。
ママさん看護師は世の中に多くいるが、正社員としての勤務を続けることを断念せざるを得なくなり、パートという働き方を選択するケースも少なくない。
また、看護師の仕事自体を諦めてしまう、いわゆる潜在看護師になる人もいるだろう。
現状の課題として多くの現役看護師が挙げるのが、「育児と仕事の両立」である。
そこで大切なのは、産休・育休の取得のしやすさはもちろん、短時間正社員制度、時間外勤務の制度など育児への理解を示す病院への転職を検討すること。
いろいろな取り組みの中でも重要視したいのが、院内託児所の存在である。
子供たちの面倒を見るのは、保育士資格を有する職員であることから、ママさん看護師も安心して預けることができ、仕事に専念することができる。
子供と一緒に出勤・退勤できるため子供の送迎に別途時間を有する必要がないほか、子供の急な体調不良時にはすぐに様子を見に行けるというメリットもあるだろう。
また、24時間対応の院内託児所であれば、常勤のまま活躍することが可能だ。
看護師としてのキャリアも諦めずに済むといえるだろう。
このような理由から、ママさん看護師として活躍し続けるためにも院内託児所がある病院への転職も1つの賢明な方法だ。